タオバオ・タオバオ代行・タオバオ仕入れ・ヤフオク出店、ネットビジネスで副業・起業を目指す方をサポート。タオバオ代行・発送のプロ集団【タオバオ代行達人スズキ

タオバオ・タオバオ代行・タオバオ仕入れ・ヤフオク出店【タオバオ代行達人スズキ】トップページ > ä¸­å›½è¼¸å…¥ä»£è¡Œé€£å‹•ã‚µãƒ¼ãƒ“ス > æœ‰åœ¨åº«è²©å£²

有在庫販売(商品在庫を持っている通常の販売方法)

1.有在庫販売とは

商品の出品、販売に際し、事前に商品を仕入れ(購入)し在庫を確保してから出品、販売する、通常行われている販売方法です。

●「有在庫販売」の流れ

2.有在庫販売のメリット・デメリット

(1)有在庫販売(在庫があり)のメリット

「すぐに欲しい」と言うお客様の要望に応えられます。
有在庫販売は、文字通り「在庫有り」での販売ですので「すぐに欲しい」と言うお客様のご要望に応えることができます。
無在庫販売の場合には、在庫を持たないため「すぐに欲しい」と言うお客様のご要望にお答えすることができません。

(2)有在庫販売(在庫がある)のデメリット
  1. 仕入れ(購入)資金が必要となります。
    商品を事前に仕入れ(購入)する必要があるため、仕入れ(購入)資金が必要となります。 有在庫販売は、通常行われている一般的は販売方法なので、「在庫を持つ」ことも一般的なことですが、その資金が必要となるところが壁となって出店(出品)できない現実もあります。 ※無在庫販売は、在庫を持たないのでどんどん出品でき、商品探しと出品の面白さが倍増します。

  2. 在庫スペースが必要となります。
    商品を仕入れ(購入)し在庫を持つと言うことは、その商品(在庫)を保管する倉庫または在庫スペースが必要となります。
    自社もしくは自宅に倉庫やスペースがなければ外部に倉庫(スペース)借りるため費用がかかります。

  3. 「在庫リスク」を抱えることになります。
    商品を仕入れ(購入)し在庫を持てば、必ず売れ残り商品が出てきます。
    いわゆるデッドストックです。
    売れ残り期間が長くなれば、型落ち、流行外れ、季節外れもしくは賞味期限切れと言った売れない不良在庫となります。
    従って、処分も現金化もできない「在庫リスク」を抱えることになります。

3.「有在庫販売」と「無在庫販売」の両立

ショップ様のご判断になりますが、
「有在庫販売」と「無在庫販売」を両立させる販売展開も可能であり面白いのではないかと思います。
そして、将来的には全て「無在庫販売」に移行できるような商品選びや販売戦略も検討できるのではないかと思います。
新しいビジネス展開の予感がします。

4.料金は、「各種料金」をご覧ください。

5.「有在庫販売」の国際送料は「中国輸入代行」通常国際送料となります。
こちらも「各種料金」をご覧ください。

6.「詳細検品」と「梱包材」の内容と料金は「各種料金」の商品検品と梱包材をご覧ください。

■最後に

売れている数が少ないうちは全てご自分で、或いはショップや自社で処理や作業はできると思いますが、売れれば売れるほど処理や作業量が格段に増加します。
それは嬉しい忙しさかもしれませんが、元来処理や作業のために商品を販売ているのではありません。
販売目的は、
(社会貢献やお客様の笑顔のために、のポリシーはちょっと置いといて)販売戦略を練り商品の仕入れに集中し、効率よく売上を増大させ利益を拡大することです。
そのために有効で便利なサービスがあれば、それは積極的に利用するのがいいと思います。
外注できる作業は外注し、人件費や作業量を減らすことで更に軽快なフットワークでショップ運営や店舗展開ができます。
また、作業量が減り軽快な動きができるようになることで、ショップ様のベストな力が発揮され、その潜在能力を十分に引き出し活かせるチャンスも生まれます。
加えて、作業を外注することで日本中或いは世界中どこにいてもショップ経営、店舗運営は可能になります。
現在、全ての商品の在庫を持ち、全ての作業をショップ様自ら行っていらっしゃるなら、この機会にその一部商品だけでもAMAZON「FBA」を利用し、従来の業務と両立させながら新しいショップ運営、店舗展開を始めてはいかがでしょうか。
何かを打開するきっかけになるかもしれません。

▲TOPへ