タオバオ・タオバオ代行・タオバオ仕入れ・ヤフオク出店、ネットビジネスで副業・起業を目指す方をサポート。タオバオ代行・発送のプロ集団【タオバオ代行達人スズキ

タオバオ・タオバオ代行・タオバオ仕入れ・ヤフオク出店【タオバオ代行達人スズキ】トップページ > ä¸­å›½è¼¸å…¥ä»£è¡Œé€£å‹•ã‚µãƒ¼ãƒ“ス > ç„¡åœ¨åº«è²©å£²

「無在庫販売」サポートサービス

  • 「無在庫販売」サポートサービスのご利用は EC-China のホームページへお進みください。
  • EC-Chinaは株式会社ベルトレードが運営する新たな中国輸入代行です。
  • 「無在庫販売」とAMAZON「FBA直接納品」サポートサービスは「検品・梱包」重視です!

1.無在庫販売とは

文字通り、商品(在庫)を持たずに出品し、販売する方法です。 無在庫販売は、商品(在庫)を持たないため仕入れ資金を節約できますので、より出店(出品)しやすくなります。
また、商品を持たない分在庫スペースや保管倉庫が不要となります。

現在、Web上にネットショップを出店することは誰でも(サラリーマンも、学生さんも、主婦の方も)大変簡単にできるようになりました。
無在庫販売を理解しご利用いただくことができれば、今より更に軽快で効率的なショップ展開ができるようになります。

2.「無在庫販売」の流れ

(1)商品(在庫)を持たずに出品します。
 ※この時、商品を仕入れず(在庫を持たず)に出品するので「無在庫販売」と呼ばれます。
 ※【注意】仕入れ先の在庫状況や単価の変動に常に注意が必要です。

(2)受注(処理)管理をします。
(3)売れた商品を仕入れ(購入)します。
(4)仕入れ(購入)した商品を詳細検品のうえ梱包します。
(5)購入者様宛に個別に発送します。


※【注意】
仕入先が在庫切れになっているとせっかく注文があってもショップ側からキャンセルをしなければならなくなります。
加えて、仕入れ単価が上がっているとせっかく売れても利益率が下がることもあります。
そのために仕入先の在庫と単価には常に注意が必要です。

■「無在庫販売」サービスは(3)~(5)を代行しサポートします。

「無在庫販売」サービスのご利用は EC-China のホームページへお進みください。
(3)商品の仕入れ(購入)を代行します。
当社のベテランスタッフが、タオバオ、アリババ、Tmallからの商品の仕入れ(購入)を代行します。

(4)詳細検品・梱包します。
当社が代行して仕入れ(購入)した商品を「詳細検品」のうえ、「梱包」します。
不良品は交換、または修繕可能なものは修繕します。
※商品は当社より購入様に発送致しますので、検品は「詳細検品(有料)」「梱包材(有料)」とさせていただきます。

(5)購入者様宛に個別に発送します。
仕入れ(購入)した商品を購入者様宛に個別に発送します。
商品はショップ様を経由せず、当社から各購入者様宛に発送します。

■上記(3)(4)(5)の業務を当社が代行することでショップ様の業務量は大幅に軽減され、ショップ様は「売れる商品を探して出品する」業務に集中できます。
また「仕入れ資金0円」「倉庫不要」「在庫リスクゼロ」により「店舗運営と時間」を充実させることができます。
「無在庫販売」は、ショップ様のポテンシャルを最大限に引き出し、ベストの力を発揮する新たなスタイルになると考えます。

■以下、通常の「有在庫販売」と「無在庫販売」の流れの違いご確認ください。
●通常の「有在庫販売」の場合
●「無在庫販売」の場合
●上記図の通り、「無在庫販売」では、ショップ様の業務量が大幅に軽減されます。

業務量に圧倒的な差が出ます!
特に受注処理後の作業がなくなることで軽快で効率的な店舗運営が可能となります。
それは、パソコン一つで日本中或いは世界中どこにいても店舗運営ができると言うことでもあります。

  1. 国際送料は、「無在庫販売」専用の国際送料を適用させていただきます。
    「無在庫販売」専用の国際送料には日本国内の配送料も含まれていますので送料は1回で済みます。
    また、ショップ様の「検品・梱包・発送作業」がなくなり、ショップ様の業務が大幅に軽減されます。
    ※詳細は「無在庫販売」専用の国際送料をご確認ください。
    ※重量制限にご注意:梱包後のお荷物1個の最大重量は20kgまでです。

  2. 検品と梱包を重視! 「詳細検品」と「梱包材」は有料とさせていただきます。
    商品はショップ様を経由せず当社より購入様宛にお送り致します。
    通常ショップ様が行う「検品」や「梱包」作業を当社が代わりに行いますので、検品と梱包を重視し、検品は「詳細検品(有料)」、「梱包材(有料)」とさせていただきます。
    ※「詳細検品」と「梱包材」の内容や料金は「各種料金」の「3.検品・梱包材」をご覧ください。

  3. 「無在庫販売」では、個々に発送するお荷物の量にご注意ください。
    「無在庫販売」では、商品の発送(配送)は、販売者となるショップ様を通さず、商品の購入代行業者が中国から購入者様宛に個々に発送するサービスです。 そこで、
    ●税関をスムーズに通関できるように、個々のお荷物の量にご注意が必要です。
    1. 1度に発送するお荷物の総重量は20kg以内です。
      ①実質的な総重量が、20kg以内
      ②箱が大きい場合体積計算(公式)で算出されますが、その計算による重量も20kg以内
      いずれも20kgを超えた場合、お荷物は税関で開封検査され関税・消費税の対象となります。
      その場合、当社では一切責任を負いませんので、ショップ様と購入者様の間で処理、解決をお願い致します。

    2. 1度に発送するお荷物の発送伝票に記載する商品は最大2点です。
      お荷物の発送伝票には、お荷物の内容を記載する欄がありますが、税関をスムーズに通関するために、発送伝票に記載する商品数量は最大2点までとさせていただきます。
      記載する商品数量が3点以上になった場合、お荷物は税関で開封検査され関税・消費税の対象となります。
      その場合、当社では一切責任を負いませんので、ショップ様と購入者様の間で処理、解決をお願い致します。

    3. 現時点におきましては、上記の通り(1)重量は20kg以内、(2)商品数は最大2点とさせていただいておりますが、通関検査の状況が変化することもあります。
      通関検査の状況が変わり対象のお荷物が、関税・消費税の対象或いは没収の対象となった場合、当社では一切責任を負いませんので、ショップ様と購入者様の間で処理、解決をお願い致します。

3.無在庫販売のメリット

無在庫販売は事前に商品の仕入れ(購入)をせず(在庫を持たず)に出品し、商品が売れてから売れた商品を仕入れ(購入)し、その後購入者様に発送する販売方法です。

(1)無在庫販売のメリット
  1. 仕入れ資金の節約 事前に商品を仕入れることがないので仕入れ資金が節約できます。

  2. 倉庫や保管料の節約 事前に商品を仕入れないので商品を保管する倉庫やスペースは不要です。
    自社もしくはご自宅に倉庫やスペースがない方は倉庫の賃貸料や保管料を節約できます。

  3. 在庫リスクがゼロ 在庫を持たないので、売れ残りの心配がなく「在庫リスク」がゼロになります。
    (売れ残った商品は現金化が難しいうえに場所を取る悩ましい邪魔ものになります。)

  4. 気になる商品、新しい商品を次々出品 在庫リスクがないので、気になる商品や新しい商品を次々出品できます。
    出品数の多さは利益拡大の一つの手段です。無在庫販売はそれを可能にします。
(2)無在庫販売のデメリット
  1. 「すぐに欲しい!」と言う購入者希望様の要望には応えられません。
    在庫を持たないためすぐに発送することができないので「すぐに欲しい」とう購入希望者には「お届けには時間がかかりご希望には添えない」ことを伝え、ご注文をお断りすることになります。
    ※すぐにお届けできない商品の注文を受けるのは、トラブルの原因とになりますので残念ですが受注はお控えいただくことになります。
    ●「無在庫販売」はAMAZON(アマゾン)には向きません。
    商品のお届けまでに日数を必要とする「無在庫販売」はAMAZONには向きません。
    AMAZON(アマゾン)へご出品の場合には「無在庫販売」はおやめください。
    当社でもAMAZON(アマゾン)にご出品されるショップ様(お客様)の「無在庫販売」へのサービスやご対応はお断りさせていただきます。
    もし、AMAZON(アマゾン」に「無在庫販売」で出品され問題が発生した場合、当社では一切責任を負いません。

  2. 予め商品のお届けには時間がかかることを購入希望者に説明し、理解してもらいましょう。
    例えば  ・こちらは海外からの「お取り寄せ」商品になります。
    そのため ・お届けできるのは、概ね「(例)2~3週間程度先」になります。
    と言う内容で、日数も具体的に紹介し購入希望者の理解を得る方法もあると思います。
    理解が得られない場合には、やはりご注文はお断りすることになります。

  3. インターネットのショッピングサイトに「無在庫販売」でご出品される際には、お届けまでの日数に制限がないか余裕のあるサイトをご利用いただきご出品されるのがいいと思います。
    ショッピングサイトのお届け日数につきましてはショップ様でご確認ください。

4.有在庫販売(在庫がある)の場合

■メリット:
在庫があるので、「すぐに欲しい」と言う要望に応えられます。

■デメリット:
在庫を持つということは、

  1. 資金が必要:商品を仕入れ・購入する資金が必要になります。
  2. 倉庫と倉庫費用:仕入れ・購入した商品(在庫)を保管する倉庫または在庫スペースが必要となります。
    自社(ショップ)やご自宅に倉庫やスペースがなければ外部に倉庫(保管スペース)を借りるための費用がかかります。

    そしてなにより
  3. 在庫リスク:売れ残った在庫品は、処分も現金化もできない「在庫リスク」を抱えることになります。

  • 有在庫販売は一般的な販売方法ですが、
    仕入れ資金の都合で出品したい商品を出品できないもどかしさを抱えているショップ様は少なくありません。
    また、多くのショップ様が商品(在庫)の「保管スペース」の確保と「倉庫費用」の節約に苦慮しています。 それに加えて、必ず「在庫リスク」を抱えることになります。
  • そこで「無在庫販売」の登場です。

5.「無在庫販売」は新しいビジネスモデル

■「無在庫販売」は新しいビジネスモデル
メリット・デメリットはありますが、「無在庫販売」は新しいビジネスモデルと言えます。
現在、Web(インターネット)上にネットショップを出店することはとても簡単になりました。
そして、「仕入れ資金0円」・「在庫リスクもゼロ」「倉庫不要」の「無在庫販売」は誰でも(サラリーマンも、学生さんも、主婦の方も)すぐに副業や在宅で輸入ビジネスを始められます。
また、既にショップをお持ちの方には経費を節約する一つの方法としてご利用いただけます。
まさに無在庫販売は「誰でもショップを持ち収入を増やせる」新しいビジネスモデルと言えます。
更に加えて、
現在「有在庫販売」をされているショップ様には、「無在庫販売」を取り入れ両立させることで新しいビジネス展開が期待できるのではないかと考えます。

■どうぞ私たちにお任せ下さい!

「無在庫販売」サポート」サービスを利用することで、すぐに無在庫販売が可能になります。
「無在庫販売」を実施されると、ショップ様の業務は「出品と受注処理だけ!」
さっそく「無在庫販売を始めてみましょう。

●お問い合わせは、「お問い合わせフォーム」またはメールアドレスからお知らせください。

6.代行に関する料金は、「各種料金」をご覧ください。

7.「無在庫販売」専用国際送料は、同じく「各種料金」をご覧ください。

8.「詳細検品」と「梱包材」の内容と料金は「各種料金」の商品検品と梱包材をご覧ください。

▲TOPへ